投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


夏の始まり2

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2018年 4月25日(水)15時46分14秒
編集済
  ○サソリと射手と天の川 20mmF1.8 F3.5 1分X8枚

下方はもやってます。海面に映る天の川が観られるかな?と期待したんですが残念でした!
 

夏の始まり

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年 4月24日(火)21時08分38秒
  暦上はまだ春ですが、夜空の方は夜半には夏の星座が昇ってきています。
南の空にはてんびん座に続いて夏の星座の王者「さそり座」が姿を現します。南中するのは午前2時頃、一足早い季節を先取りしてみませんか?!

〇さそり座 35mmF1.8 F3.5 APSサイズ 1分X5枚
 

M13

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 4月24日(火)11時20分58秒
編集済
  北半球ではオメガ星団は低空で難物です。それを除外した場合、やなりM13が一番華やかで貫禄があります。  

北アメリカ星雲

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 4月23日(月)15時24分50秒
  白鳥座のデネブの近くにある散光星雲です。お隣にも有名なペリカン星雲があります。SAO合成。S...5分×6枚 H...5分×7枚 O...5分×6枚  

メシエ16(M16)

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年 4月13日(金)17時26分0秒
編集済
  たて座にある明るい散光星雲と散開星団が重なった天体。数年ぶりに撮影しました。
M16は双眼鏡でも良く見えます。空の暗い場所で望遠鏡で覗くとぼんやりとした白いベールの中にまばらな星団が重なってなかなかキレイです! 肉眼ではこんなに赤くは見えませんのでご注意!
今でも星形成が盛んに行われている場所です。
 

アンテナ星雲

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年 4月 1日(日)21時10分19秒
  カラス座にあるNGC4038-39(アンテナ星雲)、今まさに小宇宙同士が衝突している姿です。
お互いに干渉しあって淡く細い腕が二本伸びていますが、これが難物でなかなか写真には写ってくれません。今回20枚コンポジットし、かなり無理な画像処理を施してようやく淡いながらも写し出すことが出来ました。写りは空の暗さ、透明度、撮影機材に大きく左右されますのでもうちょっと良い空でチャレンジしたい対象です。
 

神野山でのM5

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月26日(月)10時36分18秒
  神野山でのM5(球状星団)です。天の川も見えない、最悪の透明度でした。残念です。  

諦めていたオメガ

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月23日(金)15時17分11秒
編集済
  2月の潮岬で撮影したオメガですが、強風でガイドは酷いし、バッテリー切れで横線ノイズの画像でしたが、何とか?救済出来ました。

RGB各5分×2枚です。せめて後2枚ずつくらい撮影出来ていれば…。本来だったら、各色合成する時にシグマクリップ処理でエラー情報を除外出来るので、電源トラブルで入った横線ノイズや宇宙腺ノイズは除去出来ます。今回は各色2枚なので加算平均になってしまうと思う…。ガイドエラーは、カスタムフィルターを作成してデジタル的にキャンセルします。(少し眠い画像になりますが)ここまで処理して、RGB合成後、デジタル現像で仕上げました。ここからはフォトショップでバックグラウンドのノイズキャンセル処理と、彩度を調整しました。
 

M51その2

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年 3月21日(水)17時43分57秒
編集済
  先の画像にこの間のにしきでの画像を重ねてみました。
これで“どや!”
星雲周辺部のハロー部分は完全に存在しますね! たかはしさんの画像にもはっきり写っているし。
もっと透明度の高い時にまたまた再チャレンジしたくなりました。
 

季節外れのクリスマス

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月20日(火)11時11分38秒
  季節外れのクリスマスはイマイチでした。  

因みに

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月20日(火)08時53分43秒
  因みに、M83を撮影した時の視野はこんな感じです。下記の解像度でこれだけのエリアが撮影出来るんですからM31を撮影するのが楽しみです。  

念願のM83銀河

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月20日(火)08時51分15秒
  念願のM83銀河です。M51を撮影していた時は薄雲が通過して厳しい条件でしたが、M83の撮影時間は比較的透明度も高く、低空で難しい対象でしたが、綺麗に撮影出来ました。メンテナンスした赤道儀もぶっつけ本番でしたが、とても安定して動作してました。ホッ!  

干潟星雲&NGC6544

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月19日(月)16時33分31秒
  左下にあるNGC6544は一応球状星団の仲間みたいです。同じフレームに写ってました。  

干潟星雲

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月19日(月)16時29分27秒
  バッテリー切れでノイズの乗った画像でしたが、まあ、元々明るい対象なので余裕で写ってます。同じく露光は75分です。  

re:M51

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月19日(月)15時20分33秒
  遠征して撮影してきました。14cm屈折で75分露光。前回は32cm反射で3時間露光。やってられないぜっ!  

re:M51

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月16日(金)15時45分16秒
  自宅からは無理!これが限界です。  

M51

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年 3月12日(月)22時06分11秒
  M51は猟犬座にある銀河系外星雲で子持ち星雲の愛称で親しまれています。見る時はは北斗七星の柄の先から探す方が早いです。
今回は少し暗い空で写しましたのでかなり周辺部まで写り込みました。ハローのようなものが星雲の周辺部に見受けられますが、本物なのか画像処理の過程で出来たものなのか再度撮って検証しなければと思ってます。2月に南紀の空の下、32cmで見たときはこの写真を淡くしたようなイメージに見え感動したことを覚えています。もっと口径が大きい望遠鏡で写したら子供星雲から伸びる暗黒帯がもうちょっと出ると思うんですが・・・。(以前くぼたさんが投稿したM51はすごかった!)
 

れ:れ:れ:神野山で

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 3月 1日(木)08時39分14秒
  >使用機材はD500、れっきとしたAPS-Cサイズカメラです

そうだったんですね。

>フォトショップでされてるんですか? そりゃたいへんだ!

「Sirius Comp」頂きました。ホント、PCから煙が出るかと思いました。ハイスペックのゲーム用ノートPC使っていたので処理時間は苦じゃありませんでしたが。

因みに私のレコード盤は、EOS Kiss X5改とSIGMA 15mm F2.8です。って事は視野的には良く似ているんですね。逆に私の方が広い?のかも…。以前は「SAMYANG 14mm F2.8」を使っていましたが、去年、某撮影場所にてカメラ毎壊れちゃって…。海外製のレンズだったので、保険手続きが大変で、結局再調達出来なくって、今のSIGMAの中古レンズ使ってます。
 

れ:れ:神野山で

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2018年 2月28日(水)11時46分29秒
  ふ、ふ、ふ たかはしさん、カメラはフルサイズではないのです。
使用機材はD500、れっきとしたAPS-Cサイズカメラです。ちなみにレンズはAF-S12-24/4EDです。
これだけ広角だと神野山ではカブリ補正が大変です。

ところで比較明合成をフォトショップでされてるんですか? そりゃたいへんだ!
私も以前は使用してましたが何百枚もの合成は時間がかかるし疲れるので今は「Sirius Comp」って言う無料ソフト使ってます。使い方も簡単で楽ですのでダウンロードして使ってみたら?!
 

れ:神野山で

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年 2月28日(水)08時36分22秒
編集済
  フルサイズのチップに短焦点レンズは反則技ですよぉ~。それにしても視野広いですねぇ~。

>当日の空はPM2.5や黄砂の影響かあまりきれいではありませんでしたが

十分綺麗だと思います。私が先日撮影した「レコード盤」は20秒400枚でした。比較明で合成する時PhotoShopが暴走するかと思いました。
 

/123