<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


re:紀北へ‐5

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2022年 1月25日(火)15時18分0秒
  発色も綺麗で、ほれぼれするなぁ~。遠征したい。折角の写真なのに人工衛星の引っかき傷は洒落にならんなぁ…。  

紀北へ‐5

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月21日(金)20時34分14秒
  一角獣座のカタツムリ星雲です。(写真中央やや下より)
オリオンのベテルギュースと子犬のプロキオンの間に位置しており、すぐそばにはクリスマスツリー星雲、コーン星雲、変光星雲などがあって冬の天の川の中でも一番華やかな場所だと思います。
カタツムリの殻は青い星雲、体と目の支柱は暗黒星雲、目玉の先は白っぽい星雲で自然の造形とは言え実に上手く出来てますよね! 上のオレンジ色の星団の番号は?、わかりませ~ん!
 

Re:M51

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月19日(水)20時03分25秒
  たかはしさん、充分写ってまっせ!
口径が大きいと分解能が違いますな!
 

M51

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2022年 1月19日(水)15時37分42秒
  街中では、淡い周辺が写りません。残念。カラーデータはまだ撮影中。とりあえず、モノクロですが…。  

気圧の変化

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2022年 1月18日(火)16時40分19秒
  トンガの噴火関連で、我が家でも気圧の変化が記録されてました。一度目はしっかりとしたピークで二度目は緩やかなピークが長時間続いてました。  

紀北へ‐4

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月15日(土)19時15分21秒
編集済
  しし座のお腹の所にある系外銀河群。見かけの大きさはあまり大きくはありませんがそれぞれ特徴のある形をしていますね。
下からM95、M96、上の3つは下がM105、右がNGC3384、左がNGC3389です。
M95は棒渦巻、M96は渦巻、M105とNGC3384は楕円銀河に分類されてます。(NGC3384はレンズ状銀河とも言われています)
この4つは局部銀河群を形成していますが、NGC3389はたまたま同じ方向に見えているだけで他の4つよりも遠方にあるそうです。
写真をじっくり見ると他にも暗く小さな銀河がいくつも写り込んでいます。
 

紀北へ‐3

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月14日(金)09時29分58秒
編集済
  67Pチュリモフ・ゲラシメンコ彗星のその後。あまり暗くはなっておらずまだまだ健在。
尾が長く伸びた姿は写真映えしますね。
この画像は部分拡大無しの3°×2°ほどの写野そのままですので光度の割(予報光度は11等台ですがおそらく10等台後半)に立派な尾があるのが分かっていただけるかな?!
 

紀北へ‐2

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月12日(水)21時04分8秒
編集済
  ぼちぼち春の系外銀河の季節。夜半過ぎると次々に著名な銀河が昇ってきます。
キリン座の「NGC2403」もその一つ。明るく大きいのに何故かM(メシエ)天体に入ってないのが不思議! フェイスオンに近く腕も発達していて非常に写真映えする銀河です。
シーイングのせいか、少しピントがあまく星像が肥大しました。
 

今日のお月様

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月10日(月)21時37分33秒
  月齢7.6の月です。
この時期としてはシーイングが良く久々に15cm屈折での微細な月面を楽しみました。
特にヒギヌス谷の細かな構造とすぐそばのトリスネッカー谷が見えたのには驚きです。
 

冬の銀河

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月 9日(日)22時31分34秒
  南中する冬の天の川です。
夏の天の川ような豪快さはありませんが、小川がサラサラ流れるような清楚さが大好き!
 

ボレリー彗星 19P

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月 9日(日)15時22分41秒
  これも小さく暗い彗星ですが、早い時間帯に見られますので遠征ついでに撮ってみました。
頭部の形がいびつで短い尾が確認できます。月明りの中での撮影でしたのでコントラストの悪い写真になりましたが、コマ周辺に彗星特有の緑色も認められます。アストロアーツの予報では今月末には8等台になるし(ホントかな?!)高度も高くなって少し見やすくなるみたいです。西空なので早い時間帯でないとダメですけどね。
①3日神野山と②7日紀北での写真をUPしておきます。
 

紀北へ

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月 8日(土)16時10分46秒
編集済
  昨夜は今年初の遠征。
前半は並みの透明度でしたが、夜半以降はすっくりくっきりの星空が楽しめました。
ただ水平線近くは結構靄っていてカノープスも見え隠れの状態、ほとんど風が無かったからでしょうかね。
金曜の夜でしたが私以外にも3組撮影屋さんが来てました。
取り敢えず1枚写真を載せておきます。昇ってきた冬の星座達と天の川です。
 

しぶんぎ座流星群7

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月 8日(土)15時52分28秒
  さとうさん、さかべさん、投稿ありがとうございます。
寒い中一晩よくぞお付き合いくださいましたね。(あの寒空の下で寝てた人もいたけど・・・ (^^;
それはそれで凄い。 真似できまへん!)
雲に祟られた時間も長かったけれどそれも貴重な体験だと思います。必ずしもずっと晴れるとは限りませんものね。(こんなことはしょっちゅうなんです。)

次はお会い出来るのはもうちょっと暖かくなってからでしょうか?
と言いつつ今夜も出没予定の我々でした!
 

しぶんぎ座流星群 6

 投稿者:まっさんメール  投稿日:2022年 1月 7日(金)21時49分56秒
  「さとう」さん「さかべ」さん、またお会い出来た際はよろしくお願いいたしますね。。。

それにしても最近の足先用のカイロってよく出来てますね~w。。。。。
 

しぶんぎ座流星群5

 投稿者:さかべメール  投稿日:2022年 1月 7日(金)08時52分54秒
  M57の皆さん(シゲボンさん、まっさんさん、まさやんさん)

ふたご座のさかべです。
ご挨拶と先日の御礼が遅くなりました!

12月13日から14日にかけてのふたご座流星群と、1月3日から1月4日にかけてのしぶんぎ座流星群では神野山の駐車場でとてもお世話になりました。皆さんとても気さくで親切な方ばかりでしたので、すぐになついてしまいました。(もし何か失礼があったらすみません。。。)

これまで星空や星は好きだったのですが、そんなに詳しくもなくて、、、星の名前、星座の名前や星雲、星団など今まで知らなかったこと、見たことがなかったものを教えていただいたり、見せていただいたりと、とても貴重で楽しい時間を過ごすことができました。星や星座にまつわるお話をきいたりするのはとても新鮮でした。勉強になりました。時間帯によって、見えなかった星が登場してくるのも個人的にはとても良かったです!

前回は時間の都合上、最後までご一緒させていただくことは叶いませんでしたが、今回は明るくなって皆さんが片付け終わる頃までご一緒させていただくことができました。寒さ対策もほぼばっちりでした。

前回は日付が変わる頃になると段々と寒さが厳しくなって、長時間屋外に座っていることが難しかったですが、まさやんさんが防寒のアドバイスをくださっていたので、年末に万全の準備をすることができました。(WORKMANに感動)
今回は雲が多い時間帯もありましたが、おおよそ20個ほどは見ることができたかなと思います。

前回の12月と今回の1月でも星の見え方が違っていたので、また違う星空の見え方を体験できるのを楽しみに次の機会をうかがうことにします。その際はまたご一緒させていただければ嬉しいです。

それと、星が見えなくなった曇りの間に椅子に座って、皆さんとお話する時間もとても楽しい時間でした。いつも温かい飲み物を提供してくださるまさやんさんにはただただ感謝です。美味しい飲み物やおやつを探しておきますね!!(まっさんさんは何が好きなんですか?)

シゲボンさん、いつも素敵な写真をありがとうございます。
いただいたスバルの写真は大切にします。

ではでは、また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
 

しぶんぎ座流星群4

 投稿者:さとうメール  投稿日:2022年 1月 6日(木)23時30分10秒
編集済
  こんばんは。
遅ればせながら、ご挨拶を!

双子座流星群、しぶんぎ座流星群とご一緒させていただき、ありがとうございました!!
沢山の星知識を教えていただいたり、望遠鏡・双眼鏡で観察させていただいたり。とてもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
またご一緒させていただけるのを、今から楽しみにしています♪
美味しいオヤツと飲み物を発掘しておきます!
 

しぶんぎ座流星群3

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2022年 1月 4日(火)14時01分13秒
  この群を本腰を入れてに見に行ったのは初めて。期待半分で見てましたが、やっぱり外れ!
マッサンも書いている通りこれからと言う4時頃からに雲に祟られ、薄明が始まった5時半頃からようやく晴れてきたものの肝心の流星は・・・・

今回私が確認できた流星数は全部で7個ほど。(流星そのものはもっと飛んでいたようですが何故かよそ見している間に飛ぶという悪循環の連続)その内しぶんぎ群と思しきものは2個だけであとは散在流星ばかり。ってことで「普段とかわらへんやん」と言う結果に終わりましたとさ!

でも人的交流はいっぱい、いっぱい出来たし とても楽しい一夜ではありました。
最後までお付き合いくださったS氏、S女史のお二人、本当にお疲れさまでした。
では皆々様、またお会いましょう!

P,S
写真にも流星はただの一つも写っておりませんでした!! (ToT)
 

しぶんぎ座流星群 2

 投稿者:まっさんメール  投稿日:2022年 1月 4日(火)12時48分33秒
編集済
  《やっぱり裏切られたしぶんぎ座流星群》

昨夜から今朝の夜明け前を狙って神野山へ「しぶんぎ座流星群」を見に行きましたが、、、、結果から言えば、、、いつものフツーの夜に見える流星数にすこ~しだけ多かったのかいなぁ~。。。という程度でした。私の感覚で申せば、、、フツーの夜でしたw!。残念な事に一番のピークがこれから!というタイミングで雲量が多くなってしまったのでその分は差し引かねばならないかもしれませんけどね。

《年明け直後の3~4日ですがこれまた大盛況》

ペルセウス座、しし座、ふたご座などの各流星群に比べれば地味で貧相なイメージの「しぶんぎ座流星群」。なので『さすがに今夜は大して人出はないのかなぁ、、、』と思ってましたが3日の、、、たぶん22時を過ぎたあたりからどんどこ車がやって来て、それ以降翌日の午前3~4時ぐらいまでは駐車場の7割ぐらいは絶えず車で埋まり空いた空間には皆さん寝転ぶか座っての流星狙いの賑わいで、お正月ということもあるのかこのような時間帯でも子供たちの姿も比較的に多かったですねー。流星の数が少ない事もあり、たまに流れた時の一つ一つの流星へのありがた感は切望感が高いだけに大きかったようですw。

《アトラス彗星とチュリモフG彗星はけっこー良く見えます》

あまりにも流星のほうが不活発なのでアトラス彗星とチュリモフG彗星をしっかりと見てきました。双方ともに9等台と数値では暗いのですが、どちらも時間の経過とともにほぼ天頂に近い位置になるせいか眼視でもそれなりに見えます、チュリモフGの方はわずかに尾も見えてたように思います。神野山でもこの見え方なので(失礼な書きようですが)特に撮影される方にはいい対象になるのではとも思います。


 

67P チュリモフ・ゲラシメンコ彗星

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2021年12月31日(金)23時48分34秒
  レナード彗星の追っかけはやめましたが、こちらはまだまだ見られます。徐々に地球から遠ざかりつつありますがそれほど暗くなっておらず写真では結構見栄えのする尾が見えてます。私の写真は大して写っていませんが、細く長~くダストの尾が伸びているようです。
どうやったら写るんやろかな?!
現在は「かに座」にあり10等前半の明るさでほぼ一晩中見えています。
 

その後のレナード彗星

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2021年12月30日(木)21時25分42秒
編集済
  12月の半ばに夕方の空に廻ったレナードですが、太陽に近く、また明るさ的にも都市部では見るのが難しく何度もチャレンジしてましたが分からず仕舞いでした。今日ようやく写真に収めるのに成功しましたがなんともショボイ画像です。
ここ城陽では彗星の位置が丁度大阪方面の光芒の中、高度も5°あるかないかで7×50の双眼鏡を使っても眼視では全く見えず星図とにらめっこしながらおよその位置へレンズを向けて試写を繰り返しようやく捕らえた次第です。こういう時、自動導入できる機材は羨ましい!!
アストロアーツに投稿されているものは結構きれいに尾が写っており羨ましい限り。苦労した割には面白くないので追っかけはこれでお終い!

因みに「水星」を久々に見ました。金星の左5°程の所に-0.7等で輝いて肉眼でも薄明の中良く見えてました。
 

/161