投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こんなんもあるんやで! ひらさん!

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年12月12日(水)22時31分32秒
  そうですか~、師走やもんね!

でも流星群だけやなくてこんなんもあるんやで!!
【ウィルタネン彗星】(写真みてね!) 位置さえ分かれば微かに肉眼でも見えま~す!
双眼鏡ならまーるい大きな姿がよっく分かります。
あ~っホンマ残念やねーーーーー!!!

ついでに先日の観測風景も載せときます。
 

いたんです!

 投稿者:ひら  投稿日:2018年12月12日(水)18時40分58秒
  5分だけ(笑)

車停めて冬ですっかり様変わりした駐車場にビックリして皆さんの声聞いてタイムアウトでしたー

このところわたしたち超絶繁忙期に入ってしまい、昨日はホントに久し振りに結構むりやり星見に出たんです。前にはっしゃんさんとお会いして以来かと?

流星群見たいですー!でも今回はやっぱり動けそうにありません(。>_<。)

あーーー行きたい!ほしぞらーーーー!!
 

え~っ の2

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年12月11日(火)21時02分3秒
  ひらさん、来てたの~?!
声くらいかけてくれたら良かったのに!
今度は14日の夜、双子座流星群見に行きます。
時間が有れば是非どうぞお越しくださいナ!
 

えっ!

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2018年12月11日(火)11時43分16秒
  「ひら」さん、来てたのですか!……双子座流星群はなんか予定ありますか?我々がどこへ行くかはメール頂ければお知らせしますよ。  

こんばんは

 投稿者:ひら  投稿日:2018年12月10日(月)21時59分33秒
編集済
  お久しぶりです!
すごくすごーーく久しぶりに神野山寄りました!みなさんいらっしゃいましたよね!?違うかな??
名古屋への電車の時間があり、楽しそう。。と後ろ髪引かれながらも遠巻きに空を見上げて5分で退散致しましたm(_ _)m
冬の星空、次はお話聞かせてくださーい!
 

顕微鏡用双眼装置+2インチバレル その2

 投稿者:たかがき@ボーエン教メール  投稿日:2018年12月 9日(日)18時20分56秒
編集済
  あさいさん、こんばんは!しばらく掲示板見てなくて反応が遅れました。

双眼装置、あさいさんのお持ちのものと同型の様な感じですね?アイピースのバレル径が23ミリ仕様なものですので、相当古いと思います。このタイプは目幅調整が折り曲げ式ですので、ピント位置が変わらないのがいいです。

バレルは近所の下請け工場の旋盤を借りて削り出しました。ちょっと、長かったみたいです。小型旋盤はあるのですが、やはり、でかいのが欲しいです。夢のまた夢やな~!^_^:

肝心の見え味は全く確認出来てません。寒くなってきて、望遠鏡を出す気がしないのです。恥ずかしい---。「^_^:
 

Re:顕微鏡用双眼装置+2インチバレル

 投稿者:あさい  投稿日:2018年11月30日(金)18時33分22秒
  うちにもニコンのがあります。
ニコンが嬉しくて、随分前に2インチ仕様にしましたが、天体用アイピースの方が好みだったので、お蔵入りになってました。
アイピースの焦点距離は25mmで見掛け視界は60度くらいかな?
テレビューの双眼装置と見比べても本体は同じかなというカンジです。
と、言いながらもテレビュー製も使っておらず、バーダー製を愛用してます。
テレビューは中心付近の像は明るめで良いです。バーダーの方が視野全体で明るく歪みも少なく、上質な像を見せてくれます。バーダーは現行モデルのスクリューロックの接岸部はしっかり留まりますが、旧タイプはネジ式ロックなので、テレビューアイピースの31.7と50.8mm両スリーブタイプは留めやすいです。
 

勾玉星雲

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月28日(水)11時02分11秒
  ぎょしゃ座の五角形の中にある勾玉星雲(IC405)です。淡くて難しい対象です。撮影時のカブリがうまく除去出来ませんでした。恐らく出入りしていた車のヘッドライトが写りこんじゃったのかなぁ?また、再チャレンジしたい対象です。

14cm屈折+レデューサ(カメラ:QHY16200A) RGB各 5分×6枚
 

バラ星雲(RGB合成版)

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月17日(土)15時33分46秒
  14cm屈折+レデューサ(カメラ:QHY16200A) RGB各 5分×4枚  

バラ星雲(SAO合成版)

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月17日(土)08時58分51秒
  バラ星雲のSAO合成版です。ちょっと(かなり)露光不足ですが…。同時にRGB合成用の画像も取得していたので、二兎追うものはってやつでちょっと欲張りしました。今回から使用しているフィルターの方が発色が好みです。

14cm屈折+レデューサ(カメラ:QHY16200A) SAO各 5分×5枚
 

M45リベンジ

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月16日(金)17時21分31秒
編集済
  フィルターのゴーストが酷かったので、ちょっとだけ高級?なフィルターに交換して撮影しましたが、結局のところ、ゴーストの原因はレデューサかなぁ~。前回よりは少しだけ、ゴーストが減りましたが、それでも、画像処理に5日も費やしてしまった…。

14cm屈折+レデューサ(カメラ:QHY16200A) RGB各 5分×6
 

月面X-2

 投稿者:シゲボン  投稿日:2018年11月15日(木)19時49分27秒
編集済
  写真に矢印を入れれば良かったですね。
上から4分の1あたりの掛け際に小さく写っているのがX字です。
まつもとさんから連絡を受けて急遽店の展示機を出して18時過ぎ、36倍のコリメート方式で撮りました。
かなり無理な画像処理をしましたので汚い画像になってますね。
 

月面X

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2018年11月15日(木)18時19分9秒
  先ほど店の前から80mmアクロマート屈折で手持ち撮影した月面Xです。
ピントが悪いのはご愛嬌ってことでお許しを!
 

テント

 投稿者:ヲタ  投稿日:2018年11月14日(水)00時11分20秒
  テントで仮眠されるんですね。
私も広いブルーシートを敷くのでやろうと思えば寝ることもできますが、本格的に仮眠したことはまだありません。
ブルーシートを使っていていつも不思議に思うのは、どんなに夜露の多い晩でも、ブルーシートはまったく濡れないことです。ここにもし夜露がおりたら滑って困りますが、機材がびしょびしょでもシートの上はいつも乾燥していて快適です。
 

re:天体写真撮影とブルーシート

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月13日(火)08時13分33秒
  ヲタさん、これまた大きなブルーシートですね。羨ましいです。私も大きなブルーシートを検討しましたが、撤収時に一人で畳む自信が無かったので、随分と小ぶりなシートになりました。隅っこの方では、何度も「落ちそう」になりました。奥に設置しているテントは仮眠用です。車での仮眠は体への負担も大きいし、暖房の為のアイドリングでガソリンも勿体無いので…。テントの中では、クッションのシートと3シーズン用寝袋を使ってます。今くらいの季節であれば、この装備で十分ですが、真冬では、冬山登山用の寝袋が必須です。靴ははやり運転用とフィールド用を別にしなければですね。情報有難う御座いました。  

天体写真撮影とブルーシート

 投稿者:ヲタ  投稿日:2018年11月12日(月)23時57分24秒
  星くらぶの皆様、久しぶりに投稿させていただきます。

たかはし様のブルーシートの写真を拝見して共感しました。
実は私もつい2年前ごろから、天体写真撮影の現場でブルーシートを地面に敷くことを思いつき、以後、ずっと実践しております。
アスファルトの場合はあまり必要性を感じないかもしれませんが、土や砂地の場合はブルーシートを敷くと大変快適な撮影場所になります。

いろいろなサイズを試しましたが、3.6m×3.6mぐらいがちょうど快適に感じています。
広いブルーシートを展開すると、そこがどんな地面でも、たちまち広大な「清潔平面」が現れ、精密機械やデリケートな光学機器もためらいなく大地の上に置くことができます。
感覚的には「天井のない屋内観測所」が即席に作れるイメージで、最近とても気に入っています。愛用しているのはコーナンで売っている「軽量ブルーシート」で、大きくても1枚数百円と安いので、私は一度使った泥のついたものは使い捨てにしています。

注意点としてはサイズが大きくなると風の影響を受けるので、周囲に重しを置く必要があり、また展開するときや収納するときも風があるとけっこう一人では大変です。

ブルーシートの上では、私も靴を脱いで「モフモフのスリッパ」を使っています。
下が砂地だと確かに車の運転席の足元が汚れるので、神野山のグラウンドで展開するときは、靴も車内用とグラウンド用を持ってゆきます。

ところでたかはし様の写真でテントのようなものが写っていますが、これはどのように使うのでしょうか??
 

神野山

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年11月12日(月)08時40分34秒
  こんな感じで撮影してます。いつも砂まみれになるので、ブルーシートを敷いて、モフモフのスリッパを履いて撮影しました。これだと自宅に帰ってブルシート一枚洗うだけで済むので便利です。これでも、土の上は靴を履く訳で、その靴で運転したら結局は運転席が土だらけ…。やっぱり怒られました。運転用とフィールド用の靴も別物にしなければ…。まだまだ改良の余地有り?  

顕微鏡用双眼装置+2インチバレル

 投稿者:高垣@ボーエン教  投稿日:2018年11月 7日(水)21時46分48秒
編集済
  かねてより入手していたオリンパスとニコンの医療用双眼顕微鏡のヘッド部分に2インチバレルをつけて見ました。実用になるかどうかはこれから実験です。アイピースは顕微鏡用の15.5ミリのワイドです。
 

れ:ろ座の系外星雲

 投稿者:たかはし@超へろへろ  投稿日:2018年10月27日(土)09時12分4秒
  NGC1097知らなんだぁ~。南中高度低いですね。難しい対象じゃないですか。  

ろ座の系外星雲

 投稿者:シゲボンメール  投稿日:2018年10月25日(木)10時14分39秒
編集済
  「ろ座?」って聞いてどこにあるのって思うでしょ!
これを知ってたら結構マニアですね。オリオンの足元からくねくねと曲がりながら流れるエリダヌス座の途中に位置します。エリダヌス界隈は銀河系外星雲が割りと多くて中には視直径が10’近いものがいくつか散見されます。その中のひとつがこのNGC1097。明るさは9等前半、視直径9’強、フェイスオンのきれいな棒渦巻です。撮影に専念してたので目視していません。どんな風にみえるのかな? まつもとさん、今度32cmでみせて!
写真では周辺に小さな系外星雲がいくつも写っています。
 

/130