<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ISS(国際宇宙ステーション)の軌跡

 投稿者:うっちゃんメール  投稿日:2020年11月23日(月)10時48分59秒
  21日夕方に日本上空を通過した宇宙ステーションの軌跡です。
間が途切れているのは連続撮影したコマとコマのインターバール(1秒)のせいです。
地平線から昇ってきたのですが通過位置の予想が間違えてて慌てて構図を取り直したので
途中からの軌跡になってます

https://youtu.be/Jm4lisknkEU

 

今朝のエラスムス彗星(C/2020S3)

 投稿者:うっちゃんメール  投稿日:2020年11月22日(日)19時35分17秒
編集済
  ガイドやカメラ設定や画像処理などいろいろ難ありですが
旬ものということでお許しを

神野山はよく晴れてよい空でした。

https://youtu.be/KGe8NpHghrE

 

三角座の系外銀河群

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月21日(土)11時28分10秒
編集済
  三角座には有名な系外星雲「M33」がありますが、他に小さいながらも割と写真写りの良いものがいくつかあります。その中の一つでNGC672(中央近くの一番大きな星雲)とIC1727(NGC672の右隣)。
二つは局部銀河群を形成しているようで、NGC672までの距離は1800万光年、IC1727はもう少し遠く2100万光年とみられています。
写真を拡大して見てると、この他にも結構たくさんの遠く暗い銀河が散見されます。天の川から離れているのでより遠くまで見通すことが出来るからなんでしょうね。
 

(無題)

 投稿者:くぼた  投稿日:2020年11月21日(土)10時56分55秒
  おうし座の超新星残骸Simeis147です。
直径140光年のガス球。
Hα-RGB合成、総露出19時間くらい。
 

北極星も動くんです!

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月20日(金)22時12分58秒
  北の空に見える北極星、他の星は反時計回りに日周運動で動いているのに北極星だけはじっと動かないように見えます。が、実は僅かですが動いているんです。
地球の回転軸、つまり地軸をず~っと伸ばした先に天の北極がありますが、北極星はこの天の北極から約1°弱離れており他の星と同じように反時計回りに動いています。ただその離角が小さいので肉眼では分からないだけなんですね。
添付した写真は42分間の北天の星の動きです。回転の中心近くにある星が北極星で少しだけ動いているのがお分かりいただけるでしょ!
北極星も動くと言うお話でした。
 

ふたご座流星群

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月19日(木)21時52分15秒
編集済
  世の中はコロナで大変なようですが「星空のステージ」が復活するみたいですねー。。。
https://yamazoekanko.jp/5661

21日(土曜日)の午後17:30~40頃、野口さんが滞在中の国際宇宙ステーションがここ最近では最良の条件で見える予定です!予報等級(最大時)-3.7等!かなり明るく、南西→北東へとほぼ天頂を航過するので、たぶんどこででも見えると思います。
https://www.heavens-above.com/PassSummary.aspx


http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

しし座流星群極大日1日前

 投稿者:うっちゃんメール  投稿日:2020年11月18日(水)19時30分20秒
編集済
  飛行機や人工衛星や流星やらいろいろ写ってます
タイムラプス動画(YouTube)へのリンク追加しました

https://youtu.be/q043lpwo2j4

 

シゲボンさん!!

 投稿者:芳樹の母  投稿日:2020年11月17日(火)16時23分54秒
  なーんと!
そんな事があるんですね!
シゲボンさんとのご縁を感じてしまいます♪
 

芳樹君のお母さん

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月16日(月)21時10分6秒
  こんばんわー!
流星の写真、お見事でした。しか~しスマホで流星まで撮れるとは認識を新たにせねば・・・
ところでこの流星、私も撮っていました。明るさは-2等クラス、消える直前に一瞬明るく輝き緑色がきれいでした。撮った場所が違うので写り方は変わりますが同じ流星でしょう!
 

明け方のエラスムス彗星

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月16日(月)20時19分34秒
編集済
  15日の早朝に豊浦で撮った画像です。
わざわざ東方面が開けていてなお且つ暗い空を求めて豊浦まで行ったんですが午前3時過ぎから雲が湧き始め、彗星が見え始めるだろう4時過ぎでも肝心の東南東方向は雲が残ったまんま。それからヤキモキすること30分、薄明前にようやく雲が薄くなって双眼鏡でも確認。中央部は明るく視直径はアトラス彗星の1/3位のようです。よ~く見ると微かに尾が見えてるような気がします。
100%の条件ではありませんでしたが写真でも淡く割と細長い尾が写りました。
動きは速く数分で移動が分かります。
 

ISS

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月16日(月)12時18分40秒
編集済
  国際宇宙ステーションは今日から日没後に見えるようです。

https://www.heavens-above.com/PassSummary.aspx

http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

クルー1ドラゴン

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月16日(月)08時35分28秒
  Live始まってますね~!。

https://m.youtube.com/watch?v=E_FIaPBOJgc

http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

昨夜の星観

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月15日(日)21時35分10秒
編集済
  新月直前、一人 三重県紀伊長島の豊浦公園へ行って参りました。
現着は18時頃、既に中部地区からの星屋さんが2組陣取っておられました。
ここは目の前が海岸、潮騒を聞きながらの星観です。早い時間帯は東は紀伊長島、西は尾鷲方面の光芒が山の向こう側を明るくして思ったほどの暗さではありませんでしたが、夜半前頃からは十分に暗い空に変わりカシオペアからとも座に掛けての天の川が頭上を横切って目を楽しませてくれました。(馭者座から双子、一角獣、とも座にかけての天の川は結構明るく見えます)

今回は撮影が目的なので眼視用の望遠鏡は持参せずひたすら撮影に没頭!
ただアトラス彗星(C2020 M3)だけは一応目視してきました。
空が暗い分、神野山東駐車場の時より明るく大きく見えます。13cm ×43だと幾分中央集光ぎみで中心部はいびつな形をしているように感じました。視直径はやっぱり大きいですね。
写真を上げておきます。明らかに拡散した短い尾が存在しているようです。空が暗い分、コントラストの高い画像が撮れました。

この場所は東から南方面は海に面しており視界は良いです。カノープスも良く見えました。ただ以前に行った昼間のロケハンでは気が付きませんでしたが、公園に隣接している豊浦神社にある灯篭の明かりが煌々と周りを照らしています。ここを良く利用されてる先着の星屋さんが自作のカバーを付けてくださっていたので問題はありませんでしたが、この方がカバーを外して帰られた後はまぶしいのなんの!
対策を考えねばなりません。それとトイレの電気、(これはトイレの中に元スイッチがあって消せると教えてもらいました。これを切らないと一晩中明かりがついてます)
今回はエラスムス彗星を見るのが主な目的でしたので東が開けたこの地にしましたが普段なら手前のいつもの場所で十分だと思いますね。
 

昨夜の東駐車場

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月15日(日)10時44分40秒
編集済
  「芳樹の母」さん昨夜は楽しかったですねー!名前だけひとり歩きしてる動く「ヨシキ」君本人ともお話できて良かったです(笑)。、、、実は皆さんがお帰りになった後一時間後ぐらいから空の透明度が良くなり、神野山としては精一杯の冬の天の川が見えだしました、お父さんに撮影してほしかったですよ(笑)。。。。

今回の目的である「彗星」を見ることもそうですが、やはり夜半を過ぎてから目的天体の高度も充分なタイミングで見たり撮影したりするのが良いんやなぁとつくづく思いましたね。この頃からカノープスも明るく見えてました。(双眼鏡で見るとカノープスよりさらに下側にも微恒星見えてたのでたまたま条件よかったのでしょうね)

東駐車場はやはり視界が良くて、西空に沈みつつある木星と土星も21時前までは観望可能で想定外にかなりの人数の方々に見ていただけました、これは第2駐車場では無理。「芳樹の母」さんの画像にもあるとおり昨夜も流星が多く私が望遠鏡や双眼鏡を覗いてる時にあちこちから「流れた!」「見えた!」と歓声が上がってました。

駐車場は夜半頃までは常に満車状態で、面白い事にほとんどの方がなんとかしてスマホで眼前の光景を撮ってやろうと四苦八苦、、、隣や近くにおられた方々には「芳樹の母」さんと同じく例のアプリを教えてあげて「手持ちでの撮影は無理ですよ」とアドバイスすると、、、みなさんちゃんとコツをつかみ星景画像を撮ってました!、、、また「芳樹の母」さんもすでに教える方の立場で、撮影のアドバイスや持ってきたアダプター付きの写真三脚を貸してあげたりして双方楽しそうでした(笑)!。。。

M3アトラスは少し明るくなり中央部の集光も少しですが上がってるような印象。S3エラスムスは明らかに中央集光強くM3よりも全体が明るく感じ「元気がある!」という印象、ただ残念な事にこの彗星が見え出したと同時に薄雲が多くなり隙間を見つけての観望でした。たぶん私にとってこの彗星はこれが見納めやと思います。M3はまだオリオン座の近くに居ますから光度が極端に落ちなければまだまだ楽しめるでしょうね。昨夜に関しては50mmや42mmの双眼鏡でもしっかりと見えてて、30mm双眼鏡でもその存在は視認できました。

私は神野山の東駐車場で見てましたが、「シゲボン」さんは紀北方面へ撮影に行ってるのでこの後いろいろ画像を見せてくれるでしょうね楽しみです!。東駐車場でも私より早く来てて私が帰る時もそのままでず~っと撮影してる方いました(笑)。

今回初めて土曜の夜に東駐車場を利用しましたが、北から来る車と南から来る車のライトに必ずと言っていいほどモロに照射されるのはけっこう厄介でした、道路との位置関係でしょうがないのですが特に21~23時台は車の往来多いです。

あっ!クルードラゴン、延期ですね(笑)。。。

http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

お礼

 投稿者:芳樹の母  投稿日:2020年11月15日(日)09時48分37秒
編集済
  まつもとさん、昨日はお世話になり、ありがとうございました!久し振りに連れてきた息子が私に似てお喋りですみません...
結局屋台はちょうど閉店になったところでラーメンは食べられずじまいでした
ま、健康の為にはその方がよかったんですけどね
これは、前回うっちゃんさんに教えていただいた無料アプリで撮影したものです
端っこに流れ星が写るなんてラッキー♪
みなさん、次回お会いした時は宜しくお願いします☆
 

C/2020 S3

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月13日(金)12時32分32秒
編集済
  私も見に行きますわ!。。。。国内外の観測結果からもすでにC/2020 M3よりもC/2020 S3のほうが明るくなってるみたいです。でもS3は視界と気象条件が厳しいですね~、、、おそらくこの後の数日ぐらいしか事実上見ること出来ないかもしれませんね、、、やはり東駐車場かなぁ。。。。
https://cobs.si/

https://www.heavens-
above.com/Comets.aspx


https://www.heavens-above.com/skyview/?lat=34.9764&lng=135.7067&cul=ja#/livesky




http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

ようやく

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月13日(金)09時10分51秒
編集済
  ご対面! エラスムス彗星(C/2020 S3)
今朝がた東駐車場で確認出来ました。(まっさん、お先でした!)
当初は時々雲が流れる程度だったんですが、少しづつ雲量が増え肝心の東空は曇ったまんま。4時半頃まで雲に邪魔され半ば諦めかけてたんですが、薄明直前にやっと雲が切れ見ることが出来ました。
高度が20°弱なので大気減光の影響をもろに受けます。双眼鏡7×50では辛うじて見える程度でしたが10×70では割と楽に見えました。
イメージ的にはオリオン座に居るアトラス彗星に近い感じですが実際にはこちらの方が少し明るいと思います。
月末に掛けて徐々に明るくなる予報なんですが(5等台)代わりに高度がどんどん低くなって月末には薄明開始時刻でも5°未満。(動きが早くて1分程でも移動してます。)
見るなら今の内ですよ~!
写真では短い尾も確認出来ます。もっと暗い所でみたいな!
 

クルードラゴン

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月12日(木)22時10分51秒
編集済
  たぶん土曜日あたりからニュース等で見る事になると思いますが、予定通りならば15日の午前9時以降にスペースXのクルードラゴンによる民間ロケット初の商業運用による国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士の送迎が行われます。

打ち上げの模様は生配信されますし、見やすい時間帯でもあるので注目してはいかがでしょう!。スペースXのLiveは見てておもしろいですよー!。。。ただし、打ち上げが延期になる事は日常的にあるので予定そのものを鵜呑みにはできませんが(笑)。。。
https://www.sed.co.jp/tokusyu/rocket.html

国際宇宙ステーションは条件さえ良ければ日本から肉眼で見える日も比較的多い人工衛星ですが、残念ながら(現在の情報では)15日は見えず、今回あまり条件良くないですがその前後の14日早朝と16日の日没後には見えるようです、下記ページの青字の月日を選択すると星図上に予想コースが表示されてます。
https://www.heavens-above.com/PassSummary.aspx

http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

Re:C/2020M3 アトラス彗星

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2020年11月10日(火)13時27分18秒
編集済
  私もどんな変化があるのかなぁ?との期待で見に行きました。冬の天の河も見える良い天気でしたが、、、ほんの少し明るくなったんかなぁって思う程度でしたね。前回同じ場所で見た時は9等級、今回が7等級(海外での観測結果から)ということなのでしたがね~(笑)。。。https://cobs.si/

手持ちの双眼鏡でも試してみたところ、、、7×50では明るくはないのですがすぐにそれとわかり(見えてる大きさだけは意外と大きい)8×42でも同じ感じで(むしろこちらの方が視認しやすい)、6×30では…これかなぁ~って感じで存在を認識できるかできないか程度。もっともこれは私の私感であり神野山東駐車場での事ですから、当然ながらもっと空の暗い所ならばさらによく見えるはずです。

その彗星の明るさや位置を知る情報ですが、一例として下記ページ↓をお知らせします、わかりやすく、海外の観測者の情報をほぼリアルタイムで表示してるようです。https://www.heavens-above.com/

黒字の「天文学」→青字の「彗星」を選択すると、上段より今ある彗星が明るい順に表示されていて、青字の彗星ナンバーを選択すると直近どこに見えるかを星図上で表示してくれます。あとはその付近の星座が何時ごろにどれぐらいの地平高度なのか?どの方角に見えるのか?を星座早見盤やアプリで確認すれば良いわけです。

シゲボンさんも書かれてますが彗星は淡い天体なので地平高度が低い時と高い時(南中前後)ではかなり見えかたが変わりますから、上記の情報とともに自身が観に行こうとする場所の視界がどうなのか?も知っておく方が良いでしょうね。例えば今回観に行ったC/2020M3アトラス彗星はありがたい事にオリオン座の中に位置してるので、この神野山東駐車場はやや空が明るいもののロケーション的には申し分のない場所のひとつです。

さすがに肉眼でこの彗星を見る事はできませんが、これからの季節は空気が澄みやすい時期ですからオリオン座を眺めに行くだけでもこの場所はお勧めですよ!。双眼鏡をお持ちの方はこれを機会に一度彗星を見ることにチャレンジしてはいかがでしょう!。

http://skyview.stars06.mydns.jp/

 

C/2020M3 アトラス彗星

 投稿者:シゲボン  投稿日:2020年11月10日(火)10時43分18秒
編集済
  昨夜神野山東駐車場でのアトラス彗星です。
7等台?との情報に期待して見に行ったのですが、確かに以前より見やすくなったような気もしますけど「あんまり変化はないな」ってのが実感です。(20×125双眼望遠鏡にて)
高度が低めの時と南中前では視認性が大分違うことは確かで、より暗い空ならもう少しはっきり見えると思われます。週末の天気が良ければ三重方面へ見に行こうかな?!

写真を拡大して見ると右方向に広がった短い尾があるように見えます。
相変わらず移動が早く7分ほどの間にも位置が変化しています。
 

/151